作業者

賃貸退去のトラブルを回避|現状回復の範囲を知っておこう

賃貸アパートの退去費用

工事

現状回復は正しくは「原状回復」と表記します。元々あった状態に戻すという意味からきています。賃貸契約でアパートを借りた後、住んでいたときの汚れや劣化を修復するためにも、退去時にはこの現状回復する費用が発生します。この現状回復費用に関するトラブルがあるので、ガイドラインも示されています。内容としては、通常使用による経年変化は貸主が負担し、使用中の故意・過失による劣化が借主の負担というものです。どうしても起こってしまう家具の設置時によるへこみや、紫外線による畳やフローリングの変色、また次の入居者のためのクリーニング費などは貸主負担となります。普段の掃除を怠ったために発生した汚れや、引っ越しの際につけたと思われる傷などは借主負担となることがほとんどです。どの場合でも、退去時には現状回復が必要不可欠となっています。この現状回復は、専門業者に依頼することで解決しますが、業者ごとに費用に開きがあります。そのため、費用やスピード、スタッフの質などを見ながら依頼先を決める必要があります。現状回復を依頼するときには、請負賠償保険など何か作業時にトラブルがあったときでも大丈夫なように保険に加入しているところを選ぶようにしましょう。また不動産に関して様々なサービスを提供しているところだと、実績も豊富なことが多いため安心して任せることが出来るでしょう。次の入居者のためにも、また揉めないためにも、しっかりとした現状回復業者への依頼を行なっていくことが大切です。