作業員

賃貸退去のトラブルを回避|現状回復の範囲を知っておこう

賃貸アパートの退去費用

工事

現状回復費用における内訳は、ガイドラインによって決まっています。どの場合でも、劣化や汚れは次の入居者のために綺麗にしなければなりません。そのため専門業者に依頼して対応してもらいますが、保険加入の有無などもチェックした上での依頼が必要不可欠となります。

元の状態に部屋を戻す

作業者

現状復帰を行う際には、借主側とも意思疎通を行って進める事をオススメします。賃貸経営において借主とのトラブルになりやすいものとして、現状復帰費用があげられます。この為、理想としては見積もりの際に借主も立ち合わせて、業者と契約すると良いでしょう。

原状復帰とは

空き部屋

現状回復や原状復帰とは入居している賃貸物件から退去する場合に、入居時と同じ状態に戻す事を言います。賃借人の居住や使用による建物の価値減少の内、賃借人の過失や故意によるものは現状回復する必要性があると定義されています。例えば、日常生活で劣化してしまった部分を挙げることができます。畳やクローゼットの色落ちや冷蔵庫を設置した際に生じた電気ヤケ、家具設置時の床のへこみなどが当てはまります。しかし、タバコを吸っていたことによる壁のヤニによる変色や壁等に傷をつけてしまった場合は、故意や過失によるものとなりますので現状回復の対象となります。この定義は強制力はありませんが、一定の基準の提示には大いに役にたっています。定義が設けられたことにより、近年、原状復帰によるトラブルが減少しています。もし、賃貸契約時に、賃借人と管理会社またはオーナーの間で原状復帰に関しての決まり事があったのであれば、それに従う必要があるでしょう。その為、現状回復の対象となるかどうかは立ち合い時に確認する必要があります。なお、入居時に写真を撮るなど、原状を記録しておくことも大切です。最近では、公平な判定を行なう為に、現状回復専門の業者に立ち会ってもらうことも増えました。そして、業者に見積もりを出してもらい双方が納得した場合に、工事が勧められていきます。業者は様々な賃貸物件を現状回復してきたので、正しい判断をすることが出来るので、安心して任すことができるでしょう。

賃貸退去時の負担範囲

空室

賃貸物件の退去時に、原状回復工事が必要になり費用の負担が生じる場合があります。喫煙で変色した壁紙、結露による黒ずみや木材の腐食は原状回復工事の対象になります。また、ペットがつけた柱や床の傷、ニオイも原状回復工事の対象になり支払い義務が生じます。